銀杏の木って薪ストーブで燃やせるの?実際にやってみました

シェアする

銀杏(イチョウ)はあの葉っぱからは想像がつかないですが、針葉樹の仲間だそうです。水分が多いため、あまり薪ストーブで焚くのは適さないという意見がありますが、我が家ではしっかり2年乾燥し、焚いてみました。

気になる「あの」においはどうやったでしょう!?

スポンサーリンク

銀杏の木、薪ストーブで焚いてみました

水分の多いと言われる銀杏ですが、2年も乾燥させるとやはりすっからかんになるらしく、手持ちの水分計で10%を切ります。

持ってみてもかなり軽いですね。しっかり乾燥できた薪はなんだってよく燃えます。今回の銀杏も火付きはよく、ガンガン燃えて、火力もまぁまぁといった感じ。ただ、火持ちは良くないですね。すぐ燃えて、フワフワの灰になってしまいます。大きく割っておいてよかったなー。

銀杏って斧で割るときもあまり真っすぐ割れず、ボソボソとした木質であつかいにくかったのですが、いただけるものは何でも頂きたい!ということでご近所さんから譲り受けたのでした。

気になる「あの」においは?

銀杏と言えば、あの実の独特なにおいですよね。もらった銀杏の木がまだ立っている頃は、近くを通るとすさまじいにおいがしたものですが、燃やしてみるとほとんどにおいません。

少しにおうかな~?と感じるのは二階ですね。やはり上昇気流に乗ってにおいも上へ上へと運ばれるのでしょう。

慣れるとほとんどにおいは感じませんが、たまに忘れた頃にふわっとにおってきます。

あのう〇ち臭が(笑)

家族はそのにおいに気づかないと言っていますので、臭覚の敏感な方にはわかるのかもしれませんね。基本的に気になるほどではないです。

銀杏の木の使い道

あんなに臭い銀杏の木、色々使い道はあるんですね。

もらった銀杏を玉切りして薪割りしていたところ、ちょうど通りかかった大工さんが「切り板」を作る方欲しい、というのです。

キ・リ・バ・ン??

なんだかわからなかったけど、良さそうな株をいくつか軽トラの荷台に乗せてあげました。すると数か月後に届いたのがこの切り板、そうか!まな板のことだったんですね!!

さすが大工さん!美しい仕上がりです。使うのがもったいないくらい。

銀杏は油分が多く水はけがよいため、まな板に適しているんですね。また、木質が柔らかい為、包丁を傷めにくいというのも、まな板に選ばれる理由だとか。「殺菌作用がある」なんて書き込みも見つけました。万能じゃないですか!!

また、将棋や囲碁の碁盤、建具や家具にも使われるそう。経年変化で歪みが出にくい性質の為、いろんなところに使えるんですね。うん、勉強になった。

さいごに

薪ストーブに適していないと言われている木は色々ありますが、けっこう焚いている方多いですね。松もヤニ抜きすれば焚けそうですし、クルミも同様に焚けそうです。

松・クルミはもらうことが多いので、ストーブを傷めない薪づくりを覚えて、ガンガン焚いていきたいです。薪ストーブはじめると、木のことを少しずつ覚えられて嬉しいですね。

田舎にずっと住んでいますが、木のことなんか全然しらなかったもんなぁ^^;

スポンサーリンク

シェアする

フォローする