薪割り機はレンタルがお得 1日借りて3,000円~なんて場合も

シェアする

いつか買おうと思っているエンジン式の薪割り機。ケヤキなどの硬い木や節のある木はどうしても人力でなんとかしようとするのは無理がありますよね。

しかし、ある程度パワーのある薪割り機はかなりお高く、自走式だと50万クラスのものも、、、おいおい僕の軽トラより高いじゃないか、ということで薪割り機のレンタルを探してみました。

スポンサーリンク

薪割り機はレンタルがお得

よく行くストーブ屋さんが薪割りのレンタルもしていました。配送サービスもありましたが、15,000円/1日!!これは・・・ありがたいサービスだけど高い!!

ということで、ダメ元で役場に問い合わせると、なんと2機種用意がありました!10tのもので3,000円/1日、20tのもので5,000円/1日と格安!!いやぁ聞いてみるものですね。商売抜きで貸し出してくれるところを探せば安く上がりますね。

これなら玉切りしておいた薪を1日ガンガン割っていけば、すごい量の薪が用意できます。燃料代は自分で出すとしても相当お得でしょう。

薪割り機はシーズンに数回しか使いませんので、1年のほとんどを寝ています。エンジン機器は寝かしていると中の燃料が腐ったりしてエンジンがかからなくなったりしますので、管理や置き場所を考えると、金額を鑑みるとレンタルも有りかと思います。

レンタル薪割り機の問題点

自治体所有のレンタル薪割り機、いざ借りよう!と思った時に困ったことがありました。希望の機種が貸し出し中で借りられないというのです。薪割り機の貸し出しは土日に集中するため、早い者勝ちになっている現状がありました。やはりレンタル代が安いと、みんな飛びつきますよね。

また、役場はレンタル用の薪割りを所有しているだけで、担当者が操作方法を知らないという問題もありました。自己責任で使ってね・・・というスタンスです。これ、かなり危険な機器なので、ちゃんと扱わないと危険ですよね。割った薪が飛んで来て顔に怪我をした人もあるとかないとか。「自己責任」の言葉が重くのしかかります。

レンタルが間に合わないなら共同購入も有り

バイオマスエネルギーの注目を機に、家の建て替えなどで薪ストーブを入れる住宅が増えました。薪の確保に奔走される方が増えたということですね。そうなると役場諸流の薪割り機も

2台では到底足りず、取り合いということになります。

そこで提案したいのが薪割り機の共同購入です。あまり多人数で購入してしまうと使いたいときに使えない!ということになりますので3世帯くらいで1台がベストでしょうか。45万のかなり良い薪割り機を購入しても1世帯15万の負担です。農業をやられてる方がよく、農機を共同購入されますが、あのイメージですね。

年間の使用頻度が少ないが、買うと高いものは共同購入がおすすめです。どなたかの家に置き場は必要になりますが、持ち回りでも良いでしょう。

薪割り機はハイパワーのものが良い

電動のものやコンパクトなもの、国産もの、輸入もの、とラインナップが増えてきた薪割り機ですが、僕はエンジン式でハイパワーの機種をおすすめします。(燃料はガソリンやディーゼルのものがあります)

僕の先輩薪ストーバーが30t越えのかなりガンコな機種を使っています。見せてもらいましたが、節があろうが、硬くなったケヤキだろうが関係なしにバンバン割っていきます。やはり薪割りにおいてパワーは重要ですね。30tを超えてくると70万円ほどする機種が多いですが^^;

さいごに

薪割り機のレンタルがあることがわかったので、大体の出費の目途が立ちました。薪割り機が欲しいんだけど年に数日しか使わないものに数十万はちょっと、、、と二の足を踏んでいる方はレンタルを当たってみると良いかと思います。まずは役所に電話!ですよ^^

今は体が元気なので薪割り機に頼らずに斧で割っています。しかし、もう10年もすれば薪割り機が必需になり、、、そして薪を買うようになると思います。薪づくりは楽しいんですが、体にはキツイですよね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする