薪ストーブの煙が迷惑!ご近所のストレスはピークに達しています

シェアする

当Blog宛てに、こんなメッセージを頂きました。

近隣の薪ストーブで大変迷惑している、ブログが不愉快である、早く消せ。周りの住民はもっと迷惑・・

迷惑を被っている当事者の問題を、このBlogに当たられても何も解決できません。しかし、この「薪ストーブ問題」というのは、ストーブユーザーが思っている以上にご近所に迷惑をかけている一例だと感じました。

スポンサーリンク

薪ストーブの煙が迷惑!ご近所のストレスはピークに達しています

私の近所はストーブユーザーが多く、お互いに煙を出し合うので「煙の迷惑はお互い様」ということで近所づきあいは良好です。

また、山間部のせいか、薪で風呂を焚いているご家庭もいくつもあり、ストーブ以外でも煙が出る状況にあります。地域には野焼きの習慣も残っていますので、煙は日常の風景なんですね。

私の場合は、まさに環境に救われている状態です。安心は禁物ですが。

しかしながら、普通の住宅街で薪ストーブ利用は、ご近所との関係性悪化というリスクを大いにはらんでいます。薪ストーブを入れる家主は、ほとんど屋内にいるため、煙突から出る煙のにおいなどにあまり頓着しないんですね。

煙突の風下にあるお宅はたまったもんじゃないと思います。

「うちは、煙がなるべく出ないように焚いてるから大丈夫」なんて考えは甘く、焚き付け時や薪追加時はどうしても煙もにおいも出ます。薪ストーブに慣れてしまっていると感じませんが、洗濯物につけばタバコのにおい並みにくさいですからね。

煙やにおいが出ない焚き方など無いと心した方が良いですね。

あなたのご近所は、あなたが思っている以上に煙を嫌っている

「薪ストーブ最高!」となってしまっているストーブユーザーには、薪ストーブの良さがわからない人の気持ちがわかりません。わかろうともしません。これは私自身も気を付けなければいけないなと、反省しました。

これまでの近所づきあいを考えると「あんたのとこの薪ストーブの煙が迷惑だ、やめてくれ!」とはとても言い出せず、仕方なくテキトーなストーブBlogに当たり散らすしかないわけです。

「やられた方は泣き寝入り」くらいに思っているでしょう。

薪ストーブは自治体で補助金を出し、導入を進めている面もありますが、国や自治体は環境への影響・その地域に暮らす人(特に薪ストーブを使わない人々)へのフォローは何もありません。

「煙突に設置するだけで煙のにおいを消す装置」などを開発&設置義務化してくれれば良いのですが・・・。

木などのバイオマスエネルギーの利用促進の為、利用者に良い制度ばかりが充実していますが、その裏で多大な迷惑を被っている方がいる事も見過ごせませんね。私も、メッセージをいただくまで、自分さえ良ければ・・・という感覚に陥っていました。

ただ、自分の憂さが晴らせれば、他人のブログを誹謗するような書き込みをしてもいいということにはなりませんが。相手も傷つくわけですから。

薪ストーブの迷惑は煙だけじゃない

ご丁寧にmakisuto-bukiero@なんてメールアドレスでメッセージをいただいたわけですが、実際にご近所の薪ストーブの何が不満かは見えてきません。おそらく煙・においだと思うのですが、よくよく考えてみると、薪ストーブで迷惑をかけるのは煙だけではありません。

  • 騒音被害
  • 虫被害
  • 薪棚による危険
  • 灰被害

上記のような迷惑が、煙以外にあります。

薪づくりを庭でやる場合、チェーンソーなど使えば大きな音が出ますし、薪割り時に楔(くさび)を使えばこれもまた大きな金属音が出ます。薪ストーブさえなければ出ない音ですよね。

また、薪に虫はつきものです。ハチ、カメムシ、カミキリムシ、ゴキブリなど、「近所に薪ストーブが入った途端に虫が増えた」なんて思われているかもしれません。実際に虫は本当に多いです。

また、薪棚は崩れる危険があり、危なくて近所で子どもを遊ばせられない!といった不満を抱えている親御さんもいるかもしれません。実際に私の住む地域では、その昔、薪棚(もしくは建築廃材)が崩れて亡くなったお子さんが居たようです。タメ!と言っても危ないところで遊んでしまうのが子どもですからね・・・。

それと、無視できないのが灰の扱いです。これは火事の危険と灰をまき散らす危険があります。取り灰は1週間程度はまだ熱を持っている可能性がありますし、ちゃんとフタのある缶で処理していないと撒き散らす可能性があります。住宅街で灰が飛んでくるなんて状況は言語道断ですね。

さいごに

私は、自分の状況を鑑みても薪ストーブを辞めるつもりはありません。ただ、薪ストーブの情報を発信する中で、「薪ストーブを嫌いな方や、迷惑している方も当Blogを見ている」という意識を持つことが大切だと感じました。

薪ストーブには良いところもたくさんありますが、周りへの影響を考えることは後回しにしてしまいがち。手放しで導入をおすすめできる地域ばかりではないことを十分に理解して、薪ストーブで迷惑を被る方がいる事も伝えていかなければいけませんね。

大変勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする